【第63回】
日本婦人科腫瘍学会学術講演会

pdf ポスター(1.21 MB)

第63回学術講演会運営事務局

株式会社MAコンベンションコンサルティング
TEL: 03-5275-1191
FAX: 03-5275-1192
E-mail : jsgo63@macc.jp

第63回日本婦人科腫瘍学会学術講演会

第63回日本婦人科腫瘍学会学術講演会の開催について
(2021年5月7日)

 本日現在、大阪を含め新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染状況につきましては、未だ予断を許さない状況が続いております。また、そのような状況の中、すでに一部報道がされておりますとおり、政府が新型コロナウイルスのワクチン接種を迅速に進めるため計画している「大規模ワクチン接種会場」に、開催を予定しておりました大阪国際会議場が利用されることが決定され、2021年5月20日頃より8月末日まで、全館施設利用ができない状況となりました。
 そのため、現在隣接のリーガロイヤルホテル大阪を含め、大阪近辺の会議場施設やホテルなど代替会場を検討いたしております。開催形態は、プログラムの現地開催とWeb開催との併用で検討を続けておりますが、確保できる会場によって現地開催のプログラム数が限られる可能性がございますこと、また、今後のCOVID-19の急激な感染拡大、大阪府によるイベント開催禁止通達などの場合は、完全Web開催に移行の可能性もございますことを、ご了承いただければ幸いです。

 会員の皆様にはご不便とご迷惑をおかけいたしますが、より良い学術講演会開催に向けて鋭意努力をしておりますのでご理解をいただければ幸いです。
 なお、Web開催決定プログラム、データ作成、配信期間等詳細は、今後本学会ホームページならびに、座長、演者の先生方に随時お知らせいたしますので、ご確認をいただきますようお願い申し上げます。
 会員の皆様にはご心配とご迷惑をおかけいたしますが、ご理解ならびにご支援をいただきますようよろしくお願い申し上げます。

2021年5月7日

第63回日本婦人科腫瘍学会学術講演会
会長 大道 正英

公益社団法人日本婦人科腫瘍学会
理事長 片渕 秀隆

第63回日本婦人科腫瘍学会学術講演会の開催について

 本邦における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染状況につきましては、未だ予断を許さない状況が続いており、第63回日本婦人科腫瘍学会学術講演会におきましても、開催形態について慎重な審議を重ねております。

 現時点では、大阪府危機管理室災害対策課へ「イベント開催に伴う事前相談」を済ませており、感染対策ガイドラインに基づき、主催者・施設側が協同して感染防止対策を実施して、大阪国際会議場(グランキューブ大阪)での現地開催も行う予定で準備を進めています。
しかしながら、三密を回避するために、参加者の多く集まる「一般演題ポスター発表」を含め、一部講演セッションはWEB開催プログラムとして行う、ハイブリッド開催を視野に入れて検討をしております。その場合、現地開催プログラムは現地開催の内容を収録し、現地に来場できない方々にも後日WEB視聴できるように配慮する予定です。

 開催形態の最新情報につきましては、今後本学会ホームページならびに会員メールにて随時お知らせいたしますので、ご確認をいただきますようお願い申し上げます。

 会員の皆様にはご心配とご迷惑をおかけいたしますが、ご理解ならびにご支援をいただきますようよろしくお願い申し上げます。

2021年4月20日

第63回日本婦人科腫瘍学会学術講演会
会長 大道 正英

公益社団法人日本婦人科腫瘍学会
理事長 片渕 秀隆

お知らせ

2021年03月01日
一般演題募集」を、3月8日(月)正午まで延長しました。
2021年02月22日
プログラム(予定)」を公開しました
2021年02月15日
一般演題募集」を、3月1日(月)正午まで延長しました。
2021年01月20日
一般演題募集」を、2月15日(月)正午まで延長しました。
2020年11月12日
一般演題募集」を開始いたしました
2020年10月23日
開催概要」を公開しました
2020年10月23日
一般演題募集/採択結果」を公開しました
2020年10月23日
第63回日本婦人科腫瘍学会学術講演会HPを公開しました

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染防止徹底のため、現在運営事務局はテレワークを実施しております。
恐れ入りますが、当面の間原則EMAILにてお問合せいただきますよう、よろしくお願いいたします。