第57回学術講演会運営事務局

株式会社MAコンベンションコンサルティング
TEL: 03-5275-1191
FAX: 03-5275-1192
E-mail : info@macc.jp

会長挨拶

第57回日本婦人科腫瘍学会学術講演会
会長 杉山 徹
(岩手医科大学産婦人科学講座 主任教授)

平成27年(2015年)8月7日(金)から9日(日)まで、盛岡市で第57回日本婦人科腫瘍学会学術講演会を開催させていただきます。地方大学主催の地方都市開催ですので、より魅力的なプログラムの作成に向けて、皆様方のお力をお借りして鋭意努力させていただきます。同時に医局・同門で総力をあげて皆様方をお迎えする準備に勤しんで参ります。テーマは「婦人科がん予防・診断・治療:次世代への伝承と挑戦」と月並みですが、今、行動せねばならないこと(“今でしょ”)をメッセージとしたつもりです。がん治療はQOLを保ったcureとcareのバランスです。 key wordsはSurgery (minimal invasive, radical), IMRT, Chemo/targeted therapy, Molecular biology, Immuno Oncology, Stem cell, etcでそれぞれの第一人者と討論できる場を設定する計画です。多くのご演題をいただければと思います。また、SGOとの連携を図り、アジアの中で冠たる学術集会へ繋がる期待を込めます。この観点からもOral English Presentationのセッションを3日間行い、関連する先生方は別途に懇親の場を設ける予定です。臨床研究のあり方も大きく変化していますので、倫理指針・COI・データマネージの教育的な講演も組みたいと思いますし、私の信念でもある「がん治療への目線」として社会的な発信もできればと考えております。

盛岡市は人口約30万の田舎町ですが、自然に溢れる綺麗な街です。幸い新幹線沿線ですので、東京から「はやぶさ」で2時間13分(東京~上野~大宮~仙台~盛岡)と利便性は高いと思います。空路は花巻空港か仙台空港、あるいは青森空港となります。花巻空港からは飛行機に連動してバスが出ています(50分程度)。仙台空港からは仙台アクセス線で仙台駅へ行き(30分)、仙台~盛岡は新幹線で40分弱です。青森空港経由であれば新青森駅から新幹線で1時間です。会場は駅に隣接しており、雨に濡れることなく駅から徒歩3分程度です。盛岡の夏の風物詩「さんさ踊り」は終了していますが、東北は良い季節で夏祭り(ねぶた等)が7日頃までは行われており、盛岡の宿泊や交通は混んでおりますので、早目に予約を入れていただければと思います。学会の方でも極力対応できるように工夫したいと考えております。ご不明の点がありましたら、心置きなく事務局へお問い合わせください。

皆様方の来盛をお待ち申し上げます。