【第62回】
日本婦人科腫瘍学会学術講演会

pdf ポスター(2.82 MB)

第62回学術講演会運営事務局

株式会社MAコンベンションコンサルティング
TEL: 03-5275-1191
FAX: 03-5275-1192
E-mail : jsgo62@macc.jp

会長挨拶

第62回日本婦人科腫瘍学会学術講演会を2020年7月17日(金)から7月19日(日)の3日間、仙台国際センターにおいて開催させていただくこととなりました。医学部創設4年目の新しい教室への過分な機会と、将来東北地方の医療を担うべく6県へ羽ばたいていく在校生に対し、日々婦人科がんと闘う婦人科腫瘍医と身近に接する貴重な場をお与えいただきました会員諸氏のご厚意に心より感謝申し上げます。

本学は1939年に東北地方唯一の薬学教育施設である東北薬学専門学校として創立されましたのち、1949年に東北薬科大学へと発展いたしました。さらに2016年には、東北地方太平洋沿岸部を中心に未曾有の大被害を及ぼした東日本大震災からの医療復興と東北地方への安定かつ恒久的医療提供体制の整備を目的として、本邦では37年ぶり東北地方では43年ぶりとなる医学部開設の認可を受け、東北医科薬科大学として新たなスタートをきりました。2018年には医学部福室キャンパスに医学部教育研究棟、2019年には新第1病院棟が完成し、2020年の本学術講演会開催時に第1期生は5年生となります。将来の産婦人科志望者を一人でも多く獲得すべく、学術講演会には1年生から5年生までの本学学生を参加させていただく予定です。

第62回学術講演会は「婦人科腫瘍学の横断的理解」をメインテーマとし、婦人科がん治療におけるベッドサイドでの諸問題を、婦人科腫瘍医のみでなく他領域専門医および他科専門医と多角的な議論をしていただくことといたしました。また、婦人科腫瘍専門医を目指す若手医師のために、婦人科腫瘍専門医試験合格のための必修知識の解説、婦人科がん手術習得のためのビデオ解説、および術中トラブルシューティングの実際などの実践的な教育企画を準備いたしました。さらに、医師のみでなく、婦人科がん臨床に関わる薬剤師や看護師との他職種連携による共同シンポジウム、弁護士による婦人科がん治療に関する法的問題や医療訴訟の解説など、これまでにない新たな特別企画も計画いたしております。加えて、学会会場では「癒し」をテーマとした、弦楽オーケストラによる演奏やミニフロアコンサートなどの音楽もお楽しみいただく予定です。

未曾有の被害を及ぼした東日本大震災から9年が経過し、国内外からの温かいご支援をいただきまして、被災地も少しずつではありますが着実に復興を遂げてきています。東京オリンピックの開会式と夏の風物詩である七夕祭をひかえ、活気に溢れる仙台で皆様のご参加を大学をあげてお待ちいたしております。

第62回 日本婦人科腫瘍学会学術講演会
会長 渡部 洋