【第63回】
日本婦人科腫瘍学会学術講演会

pdf ポスター(1.21 MB)

第63回学術講演会運営事務局

株式会社MAコンベンションコンサルティング
TEL: 03-5275-1191
FAX: 03-5275-1192
E-mail : jsgo63@macc.jp

病理症例検討会演題募集要項

病理症例検討会(3日目開催)への演題登録は一般演題同様ホームページから受け付けますが、申し込み期間内に当該症例の肉眼写真(ないしコピー)、切り出し図、代表的ガラス標本 1セット(HE染色10枚までと代表切片の特殊染色一式)の学会事務局への送付が必要です。(2021年3月1日(月)必着)
※標本は長期間お預かりいたしますので、あらかじめご了承ください。

送付におきましては、診断した病理医と相談の上、標本の数が過度にならないように診断に関わる代表的な標本のみを選択し、不慮の破損など保管管理の観点から、原則として再薄切し作成した標本をお送りください。
個人情報保護のために、送付していただくガラス標本には患者氏名を記さない、もしくは、削除した上で、送付していただくようにお願いします。ガラス標本に患者氏名のあるものは受付できませんので、ご留意ください。
病理症例検討会プログラム委員会にて病理症例検討会で発表していただく症例を選択させていただきます(病理症例検討会に不採用となった演題は希望があれば、一般演題またはポスター病理症例検討会に振り分けさせていただきますので、演題申し込み時に選択して下さい)。
また、採用後に委員会より追加標本作成等を求められる場合がありますので、ご了承の上、演題をご提出ください。なお、演題申し込みにあたっては当該症例の診断に関わった病理医ないし病理部門の責任者の承諾を得ていただくようお願いいたします。追加標本作製などの協力が得られるよう事前の打ち合わせをご検討ください。
現行通り、病理症例検討会に採用された演題の標本は学会期間内に会員に鏡覧いたしますが、代表的標本(病理症例検討会プログラム委員会で選択)のインターネットを用いたバーチャルスライドによる提示も予定しております。
標本の取扱いには十分留意いたしますが、標本の破損等につきましては責任を負いかねますので、あらかじめご了承下さい。

標本送付先:第63回日本婦人科腫瘍学会学術講演会運営事務局
〒102-0083 東京都千代田区麹町4-7 麹町パークサイドビル402
(株)MAコンベンションコンサルティング内
Tel:03-5275-1191 / Fax:03-5275-1192 / E-mail:jsgo63@macc.jp
※必ず緩衝材(バブルラップなど)で内張りした封筒で送付下さい。
 また、封筒には「病理症例検討会標本 在中」と記載して下さい。