• HOME
  •  > 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)とがん診療についてQ&A

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)とがん診療についてQ&A

医療従事者向け

ホルモン治療について
子宮内膜異型増殖症・早期子宮体がん等に対する黄体ホルモン治療において、考慮すべき事項としてどのようなことがあるか?


がんの種別の治療について
COVID-19感染蔓延時における婦人科がん治療の考え方は以下の通りです


①子宮頸がん
1)頸部細胞診の異常があった場合、直ちに精査・加療すべきか?

2)初期浸潤がんの場合、直ちに治療を開始すべきか?

3)子宮頸がんで術後治療が必要な場合、治療の延期は可能か?

4)子宮頸がん治療後の定期受診の延期可能か?


②子宮体がん
1)子宮内膜異型増殖症・早期子宮体がんの場合、黄体ホルモン治療はどのように行うべきか?

2)早期子宮体がんの場合、手術はいつまで延期可能か?

3)子宮体がんの術後治療が必要な場合、延期可能か?

4)進行子宮体がんや再発子宮体がんの治療はどうすべきか?

5)子宮体がんの治療後の定期受診はどうすべきか?


③卵巣がん
1)付属器(卵巣・卵管)切除等で主病変を摘出した後に初期卵巣がんと診断されたが、進行期を決定するために追加で手術を行うべきか?

2)進行卵巣がんの場合にどのような治療を行うべきか?

3)卵巣がんに対する化学療法はどう行うべきか?

4)卵巣がんの治療後の定期受診はどう行うべきか?


参考文献

PAGE TOP

患者向け

ホルモン治療について
子宮内膜異型増殖症・早期子宮体がん等に対するホルモン治療に関しての考慮事項はどのようなことがあるでしょうか?


がんの種別の治療について
COVID-19感染蔓延時における婦人科がん治療の考え方は以下の通りです


①子宮頸がん
1)頸部細胞診の異常があった場合、直ちに受診すべきでしょうか?

2)初期の浸潤がんと言われましたがすぐに治療をうけるべきでしょうか?

3)子宮頸がんの術後治療はうけるべきでしょうか?

4)子宮頸がんの治療後の定期受診はどうすべきでしょうか?


②子宮体がん
1)子宮内膜異型増殖症・早期子宮体がんといわれましたが黄体ホルモン治療に関してどのように考えるべきでしょうか?

2)早期子宮体がんに対する手術が必要と言われましたが、いつまで待って良いのでしょうか?

3)子宮体がんの術後治療が必要と言われましたがうけるべきでしょうか?

4)進行子宮体がんや再発子宮体がんの治療は延期可能でしょうか?

5)子宮体がんの治療後の定期受診はどうすべきでしょうか?


③卵巣がん
1)付属器(卵巣・卵管)切除等で主病変を摘出した後に初期卵巣がんと診断されましたが、進行期を決定するために追加で手術が必要と言われました。うけるべきでしょうか?

2)進行卵巣がんの場合にどのような治療をうけるべきでしょうか?

3)卵巣がんに対する化学療法(抗がん剤治療)はどう考えたらよいですか?

4)卵巣がんの治療後の定期受診はどうすべきでしょうか?


参考文献

PAGE TOP