市民の皆さまへ

子宮頸癌

症状

前がん状態や浸潤を始めたばかりの頃には、自覚症状がでないことが多く、性交渉に伴う接触出血がみられる程度です。ですから、症状が出てから産婦人科を訪れても、その段階でかなり病気が進んでしまっていることが多いのです。そうならないためには、検診を受ける必要があります。

診断

子宮頸癌の診断には細胞診が有効です。具体的には、子宮頸部をへらやブラシで擦り、子宮頸部の細胞をスライドガラスに塗り付け、顕微鏡でおかしな細胞の有無を調べます。この検査を細胞診とか、スメア検査またはPAP検査と呼んでいます。細胞診の結果は図3に示すように、ベセスダシステムに基づき分類されます。報告書には、結果と推定される病理診断が記載されます。

細胞診で異常がでて婦人科を受診される場合、細胞診の再検査と同時に、子宮頸部を拡大鏡で観察する「コルポスコピー」と呼ばれる検査をされることがあります。そして、病気の度合いが最も強そうな場所を見極め、その場所を狙って組織を少し削り取ってくる、「ねらい組織診」を行います。このコルポスコピーでは十分に病変が確認できないけれど、細胞診では異常が出ているような場合には、病気の起こりやすい部分全体を円錐形に切り取り、そのなかにどの程度の病気があるのかを診断します。これを診断のための円錐切除術と言います。このような段階を経て、子宮頸部の初期がんや前がん病変は診断されるのです。

進行したがんについては、内診や、体の表面から触れることの出来るリンパ節(首の周囲や鼠径部)の状況、そしてレントゲン検査やCT、MRIなどの検査の結果で進行期が決まることになります。この進行期の決定が治療方針を決める上で大変重要です。

治療

前がん状態や0期の上皮内がんの診断がついた場合には、妊娠の可能性を残すための円錐切除術や単純子宮全摘術などの手術療法を行います。

Ib期以上の患者さんに対しては手術と放射線療法が行われます。日本では多くの施設で、IIb期までは手術を行っています。この場合の手術は、リンパ節郭清を含む広汎な子宮全摘術が選ばれています。子宮頸癌IIIb期、IVa期の患者さんには、放射線治療、最近では放射線と抗がん剤治療を同時に行う放射線、抗がん剤同時併用療法が行われています

図3. ベセスダシステムに基づく細胞診の分類

●扁平上皮細胞

結  果 略  語 推定される病理診断
陰性 NILM 非腫瘍性所見、炎症
意義不明な異型扁平上皮細胞 ASC-US 軽度扁平上皮内病変の疑い
HSILを除外できない異型扁平上皮細胞 ASC-H 高度扁平上皮内病変の疑い
軽度扁平上皮内病変 LSIL HPV感染、軽度異形成
高度扁平上皮内病変 HSIL 中等度異形成、高度異形成、上皮内癌
扁平上皮癌 SCC 扁平上皮癌

●腺細胞

結  果 略  語 推定される病理診断
異型腺細胞 AGC 腺異型または腺癌疑い
上皮内腺癌 AIS 上皮内腺癌
腺癌 Adenocarcinoma 腺癌
その他の悪性腫瘍 other malig. その他の悪性腫瘍

PAGE TOP